ダイエット成功の鍵は意識改革

ダイエットにはささみと太もものトレーニング

ダイエットを行う際に大切なことは、たんぱく質の補給と太もものトレーニングです。
たんぱく質が不足してしまうと、筋肉の量が落ちてしまい、リバウンドの原因となります。
太もものトレーニングが必要なのは、下半身が全身の筋肉の約七割を占めているからです。

ダイエットを行う際には、通常の食事よりもたんぱく質の量に気をつける必要があります。
食事の量を制限してしまうと、どうしてもたんぱく質の摂取量が少なくなってしまうからです。
なので低カロリーで高たんぱくである、ささみを使用することが有効になります。

ささみ

ささみが低カロリーである理由は、三大栄養素のうち、たんぱく質以外がほとんど含まれていないからです。
そのため、安心して食べることが可能になります。
またささみは食べ応えがあるために、満腹感を得やすいということも特徴です。

たんぱく質の摂取量を増やしたとしても、体重の増加につながりづらいというのは、たんぱく質は食事誘発熱産生が高いからです。
たんぱく質はカロリーの約三割が何もしていなくても代謝するために使用されるため、同じカロリーの糖質や脂質として摂取した場合よりも脂肪になりづらいのです。

ダイエットに太もものトレーニングが大切なのは、七割の筋肉が下半身に集中しているため、太ももをメインに鍛えることで、基礎代謝の向上に貢献してくれるからです。
また太もものトレーニングの多くが、太ももだけではなく、股関節や腹筋、脊柱起立筋を動員して行われます。
なので太ももを鍛えるということは、体を支えるために必要な筋肉をたくさん鍛えるということになるために、引き締まった体を作り上げることに有効であるので、ダイエットには必須なのです。
そしてたんぱく質の補給として、食事にささみを取り入れることが、体脂肪の燃焼に役立ちます。

おすすめ記事